プロダクトマネージャーと開発マネージャーの区切りってどうされてましたか? 特に開発ディレクションをどっちが持つべきか迷ってまして

muraokaさんの回答

たしかに難しいですね。

前提メンバーのスキルなどによりますが、私だったら

プロダクトマネージャー>プロダクト全体の施策、ビジネス、マーケ、開発を横断したディレクション
開発マネージャー>プロダクトマネージャーと詰めた開発施策スケジュールを達成するための開発ディレクション

で分けますかね。つまり開発ディレクションは開発マネージャーがもちます。
やはり実装コストの見積もりや間に合わない際の代替手段の提案などはエンジニアのほうが強いと思うので
muraoka
pixivやnanaでプロダクトマネージャーの経験があり、 ・マーケティング ・広告マネタイズ ・初期プロダクトの仕様相談 などに乗れます。 ・pixivでpixivコミック、広告アドサーバーなどのPdM ・nanamusicでPdM 【マーケティングで相談可能媒体】 ・リスティング ・twitter広告 ・facebook広告

プラン一覧

マーケティング
【代理店さん向け】webマーケティング相談プラン

【相談にのれる内容】 事業会社、マーケティングコンサルでの経験があります。 下記の相談に乗れます。 ・媒体選定 ・マーケティング戦略 ・カスタマージャーニーマップ策定 ・管理画面の操作 下記媒体の経験があり、 管理画面の操作などアドバイスできます。 ・リスティング広告 ・facebook広告 *代理店さんはこちらのプランにて契約していただいています 【月オンラインmtg回数】 月1回

muraoka

広告マネタイズ
【ライトプラン】GAMやadsense運用など広告マネタイズを提案

【相談にのれる内容】 GAMやadsense、header biddingなどの運用について提案できます。 pixivやnanaなどある程度大きな規模の広告運用の経験があり、 web、アプリ横断でみれます。 mtgは月1になります。 数字のモニタリングなどはしません。 数字モニタリング、月4回までのmtgは別プランで受けています。 【月オンラインmtg回数】 1回 【可能な連絡方法】 slack、mail、chatwork

muraoka

広告マネタイズ
GAMやheaderbiddingの運用相談

【相談にのれる内容】 GAMやadsense、header biddingなどの運用について提案できます。 pixivやnanaなどある程度大きな規模の広告運用の経験があり、 web、アプリ横断でみれます。 下記が具体的な内容になります。 ・隔週1のモニタリング ・header biddingなどの広告関連の会社とのmtg同席 ・月最大4回のmtg(基本は2回ですが初期などは要相談 タグの設置、GAM設定などの作業は入っていないのでご注意ください。 【月オンラインmtg回数】 2回 【可能な連絡方法】 slack、mail、chatwork

muraoka